週刊うさぎ日記


8月 第3週

 これですっきり爽やか!

 クーラーの掃除をしてもらった。リビングとベットルームの2台で,8〜10帖用は1万4千円,6〜8帖用の方は1万2千円だった。約3時間の作業だった。

 この夏,クーラーを使い初めてから,その冷気のカビ臭さが気になっていた。それでプロにたのんでクーラーの掃除をしてもらった。

 フィルターやカバーは自分でも洗えるので見ためは新品のようだが,カビはもっと別のところに生えているのだという。そのひとつである「ファン」の色は元々が黒なのだが,よく見るとカビが生えている。

 クーラーで冷やされた部屋は快適だ。が,実はクーラーはカビにとって快適な場所なのだ。クーラーは部屋中の空気をすっているから,当然ほこりがたまる。そして湿気があるのでカビが生えやすくなる。

 2年間住んだデンバーの年平均湿度は36%。乾燥した空気のために喉が痛くなったりと,慣れないうちは大変だった。でも,そのうち湿気の無い,サラサラの空気が心地よく,決して涼しくはないデンバーでの2つの夏の間,結局一度もクーラーのスイッチを入れなかった。

 だから,沖縄に帰ってきてまず感じたことは,「湿度が高い」ということだ。そしてカビがとても気になった。洗面所,風呂場はもちろん,いろいろな場所でカビを発見するたびに,背筋がゾォ〜ッ!!見えるカビはなるべくその場で退治していた。お陰で,カビ退治や予防の洗剤にかぶれて大変だった。夏になり,冷房したり除湿をして,なんとか快適な部屋になったのだが,そのクーラーがカビ臭い。何度掃除しても同じなので,とうとうプロに頼んだ。もっと早くそうすれば良かった。

 クーラーを使っているみなさん,お宅のクーラーはカビの巣になっていませんか?

7月INDEX  ★日記INDEXへ  8月INDEX  

←2週めへ  9月へ→


うさぎの部屋


うさぎへのメールusagi@cyber-rabbit.com
Copyright(c)1998 Michiyo Arakawa H. ALL RIGHTS RESERVED